スマートコントラクトとは?仕組みを分かりやすく解説

スマートコントラクトとは?仕組みを分かりやすく解説

ブロックチェーンに関する注目が高まるにつれて、スマートコントラクトという言葉もよく聞くようになってきました。スマートコントラクトは、直訳すると「賢い契約」となりますが、その言葉だけを聞いてもイメージがわきにくいという方もいるでしょう。

そこで今回は、スマートコントラクトについて分かりやすく説明します。

スマートコントラクトとはブロックチェーンを用いた自動契約

スマートコントラクトとは、簡潔に説明するとブロックチェーンの技術を用いて自動で契約を行うことです。

スマートコントラクトの説明を行う際、よく自動販売機を例に使われることがあります。自動販売機を利用する場合、利用者はお金を入れて商品のボタンを押します。すると、選んだ商品が受け取り口から出てきます。これは、「商品を選び」「決済する」「商品を受け渡す」という一連の商取引の行為が自動販売機という機械を通して行われています。スマートコントラクトにおいても、自動販売機と同じように契約行為が自動で行われるのです。

スマートコントラクトは、ブロックチェーンの技術を用いて行われることで、当事者間の取引が契約の条件を満たしたら自動的に契約が執行できる仕組みを作ることができます。仕組み化することで、契約行為における様々な付随作業を削減できるだけでなく、不正行為を減らすことができ、仲介作業も省くことができるというメリットがあると言われています。

ブロックチェーンを用いる意味

ただ契約行為を自動化するだけであれば、ブロックチェーンの技術を用いずに行うことも可能です。スマートコントラクトでブロックチェーンの技術を用いるのは、意味があります。

ブロックチェーンの技術を用いる意味について、説明します。

1)取引が自動で記録・公開されているため誰でも検証可能

ブロックチェーン上で行われる取引は、自動で記録が残るだけでなく、原則その記録は全てブロックチェーンの参加者に公開されています。取引が自動で記録されているだけでなく公開されていることから、ブロックチェーンの仕組み上では不正行為を行うことが非常に難しくなっています。また、記録が公開されているため、取引に関して誰でも検証可能となります。

契約行為は、正当性が求められます。ブロックチェーンの記録が残り、公開されているという特徴は、高い正当性が求められる契約行為において重要な要素となります。

2)取引が相互につながっているため改ざんが難しい

ブロックチェーンは、その名の通り、取引がブロックとなってまとめられ、ブロック間がチェーンのように相互につながっています。ブロック間は、ハッシュ関数によってつながっているため、ブロックごとの順番は必ず保証されるようになっています。仮に、特定のブロックの値を改ざんしようとすると、前後のブロックとの整合性が取れなくなるため、改ざんがあったことが分かるようになっています。

改ざんが難しいという特徴は、高い信頼性が求められる契約取引において非常に重要となります。ブロックチェーンは、契約取引と非常に相性が良いと言えます。

3)分散型台帳なので記録を分散して保管

ブロックチェーンの一番の特徴は、分散型台帳とも言えます。ブロックチェーンでは、取引記録を一か所で管理するのではなく、同じデータを分散して複数で管理します。複数で管理することによって、改ざんが難しくなるだけでなく、故障等で台帳が壊れたときも他の台帳を継続して利用できるようになっています。

分散型台帳によって、高い可用性を保証できるところも、契約行為を行う上で非常に重要となります。

スマートコントラクトの課題

ここまでブロックチェーンの技術を用いて、スマートコントラクトを実現するメリットについて記載してきましたが、メリットだけでなく、課題もあります。そこで、課題について触れてみます。

1)修正が難しい

契約を結んだ際、後になって契約内容を修正したいということも発生しがちです。通常の書面による契約行為であれば、書面を修正して契約をし直すだけでよいでしょう。スマートコントラクトの場合、そうはいきません。ブロックチェーンの仕組みでは、取引がブロックとなり、前後のブロック間でつながることで改ざんしにくくなっています。そのような改ざんしにくい仕組みになっているため、後から契約を修正しようとしても、非常に難しくなっています。修正の難しさは、課題と言えます。

2)契約をプログラミング言語で記載するため分かりにくい

スマートコントラクトは、契約を自動で行います。そのため、契約内容をプログラミング言語として記載し、プログラム内に取り込むことになります。契約内容を詳細に解読するためには、プログラムを解読することになります。プログラミング経験者であれば解読できるかもしれませんが、一般の利用者には解読が難しくなることが想像されます。契約内容を理解しやすくすることもスマートコントラクトの課題と言えます。

まとめ

今回は、スマートコントラクトについてメリットや課題等も含めて説明しました。スマートコントラクトは、自動で取引できることから、仲介作業を省き、手数料を軽減できるなど様々な可能性があると言われています。スマートコントラクトは、現在、インターネット上で利用され始めていますが、今後は様々な業界での可能性が期待されています。スマートコントラクトについて理解を深めることは、これからとても重要になっていくことでしょう。

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です